究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

イベントはことごとく雨に見舞われる…そんな雨女を極めたほのぷーが、大好きなディズニーについてつらつらと綴ります

究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

【豆知識】ウエスタンリバー鉄道から道路が見える!?驚きの光景とは

f:id:honopooh-disney:20210603200159j:image
こんにちは。

ディズニー大好き雨女のほのぷーです。


東京ディズニーランドのアドベンチャアーランドにある「ウエスタンリバー鉄道」は、蒸気機関車に乗って熱帯ジャングルや開拓時代のアメリカ西部を旅するアトラクションです。


乗車時間はおよそ15分と長く、ゆったりとした雰囲気で楽しむことができるため、休憩がてらに乗るという方も多いのではないでしょうか。


そんな幅広いゲストから人気を集めるウエスタンリバー鉄道ですが、実はアトラクション乗車中にバックステージの道路が見える場所があります。

今回は道路の場所やそこに隠された秘密について掘り下げてご紹介していきます。

 

少々現実味のあるお話ですが、ディズニーらしいこだわりを感じられる素敵な内容となっています。

ぜひ最後までご覧くださいませ。


※本記事は現実的な内容を含むお話となります。

場合によっては夢が壊れてしまう可能性もありますので、閲覧は自己責任でお願いします。

 

ウエスタンリバー鉄道について

ウエスタンリバー鉄道があるのは「冒険とロマンの世界」を表現したテーマポート:アドベンチャーランド。

ジャングルクルーズの乗り場と同じ建物の2階に位置しています。

f:id:honopooh-disney:20210603203059j:image

ウエスタンリバー鉄道はこちらの駅を出発し、アドベンチャーランド、ウエスタンランド、クリッターカントリー、そして再びウエスタンランドを経由して戻ってきます。

乗車中は様々な建物や動物、先住民たちを見て楽しめます。


アトラクションの乗車口がアドベンチャーランドにあるにも関わらず「ウエスタン」と名付けられているのは、走行するメインのエリアがウエスタンランドのためです。

ちょっと紛らわしいかもしれませんね。


そんなウエスタンリバー鉄道ですが、実はアトラクションの途中で道路と交差している場所があることをご存知ですか?

しかも、その道路は物資や商品の運搬などで使う「バックステージ」用の道路なのです。


それは一体どこなのか、早速見ていきましょう。

 

道路が見える場所と現実世界を隠すための工夫

ウエスタンリバー鉄道はアドベンチャーランドを出発した後、まずウエスタンランドへと入っていきます。

道路が敷かれている場所は、このウエスタンランドにあります。

 

道路が交差する場所

道路が敷かれている場所は、出発して最初に通る駅「スティルウォーター・ジャンクション」のすぐ手前


スティルウォーター・ジャンクションは赤い壁が目印の小さな駅です。

f:id:honopooh-disney:20210603203537j:image

 

この駅の手前を見てみると…

f:id:honopooh-disney:20210603203650j:image

ここは熱帯ジャングルの中のはずですが、唐突に道路が現れました!


車がすれ違いできるほどの幅があるこちらの道路は、パーク内で使用する物資や商品などを運搬するために使われているバックステージ用の道路です。

左側にはバックミラーがあることも確認できます。

f:id:honopooh-disney:20210603203938j:image


さらに、反対側を見てみましょう。

f:id:honopooh-disney:20210603204033j:image

線路を挟んだ向かい側(向かって左側)にも道路が敷かれています!

こちらはバックミラーだけでなく、踏切のバーもあります。


アトラクション内に堂々と道路が敷かれているとは驚きですよね。


しかし、この道路の存在を知っている人は少ないです。

普通に見えてしまう場所でありながら、なぜその存在に気づかないのか。

その理由を紐解いていきましょう。

 

道路の存在感がない理由

ウエスタンリバー鉄道では、乗車中に見所を解説する車内アナウンスが流れます。

道路の存在に気づかないからくりには、このアナウンスが深く関わっています


というのも、この道路に差し掛かる直前、このようなアナウンスが入るのです。

「右手にある小さい駅はスティルウォーター・ジャンクションと言います。

開拓者たちはここで蒸気船や駅馬車に乗り換えると、フロンティアを目指してさらに旅を続けるんですよ」


このアナウンスを聞けば、自然とスティルウォーター・ジャンクションに注目しますよね。

道路を通過するタイミングで駅舎へと注目を集めことで、ゲストの視線を誘導しているのです。

 

アナウンスによる誘導はもう一箇所ある

ウエスタンリバー鉄道ではアナウンスによって視線を誘導している場所がもう一箇所あります。

それは、スティルウォータージャンクションを通過してからしばらくして大きな右カーブを過ぎた辺り。


ここで入るアナウンスはこちら。

「右手にいるリスみたいな小さな動物。

あいつはプレーリードッグと言って、西部ではあちこちで見かけるんですよ」


ゲストが右側にいるプレーリードッグに注目しているとき、左側にあるのは…

f:id:honopooh-disney:20210603204328j:image

※とてつもなく見えにくい写真で申し訳ないです…!

電車の引き込み線です。


実はこの先には電車を格納する車庫があるのです。


先にご紹介した道路同様、現実味のあるものから視線を外すように促すことで現実世界を遠ざけているのです。


ちなみに、これらの位置関係はGoogle Mapで見てみるとわかりやすいです。

左上に交差する道路、左下に分岐する線路があります。

そして、分岐した線路はその先の車庫まで続いていることが確認できます。


ただ単に隠すのではなく、視線を誘導することでさり気なく隠すというところに世界観を大切にするディズニーらしさを感じますね。

 

他にもアナウンスで誘導しているアトラクションがある

今回はウエスタンリバー鉄道に焦点を当ててお話しましたが、視線の誘導で見せたくないものを隠すという方法は他のアトラクションにも使われています。


そのひとつが、ウエスタンリバー鉄道に隣接するアメリカ河を運行する「蒸気船マークトウェイン号」です。

f:id:honopooh-disney:20210603205209j:image

マークトウェイン号でもガイド役のアナウンスが流れるのですが、その案内によって視線を誘導している場所があるのです。


それはウエスタンリバー鉄道と同じく、格納庫へと続く別の道との分岐点です。


Google Mapで見てみると、ウエスタンリバー鉄道を横断する道路とマークトウェイン号の格納場所はつながっていることが分かります。

 

マークトウェイン号の裏側についてはこちらの記事で詳しくご紹介していますので、ご興味のある方はぜひこちらも合わせて読んでみてくださいね。


パークには他にもこのような「誘導」が使われている場所が多々あります。

そんな仕掛けを探しながら遊んでみるのも、楽しみ方のひとつかもしれません。

 

まとめ

ウエスタンリバー鉄道に隠された「現実世界」を隠すためのテクニックとこだわりについてのご紹介でした。


パークが世界観をとても大切にし、現実世界をなるべく遠ざけようと様々な工夫をしている様子が垣間見れたのではないでしょうか。


普段は気づかないようなポイントですが、あえてそういったところに目を向けてディズニーのこだわりの深さを感じてみるのも楽しいですよ。


それでは、よい冒険を!


【おすすめ記事】