究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

イベントはことごとく雨に見舞われる…そんな雨女を極めたほのぷーが、大好きなディズニーについてつらつらと綴ります

究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

TDLにある「ポカホンタス薬」って?広告に描かれた驚きの内容とは

f:id:honopooh-disney:20220515224253j:image

こんにちは。

ディズニー大好き雨女のほのぷーです。

 

「夢と魔法の王国」をテーマにした東京ディズニーランド。

 

足を一歩踏み入れればキラキラと輝く世界が広がり、大人も子供も思わず笑顔になれる様はまるで魔法がかかったかのよう。

 

そんな「魔法」はアトラクションにショー・パレード、さらにはBGMやエリアに散りばめられた細やかなプロップスなど様々な要素によって作られています。

 

今回はその中でも取り分け細やかなプロップスのひとつ、ウエスタンランドにあるとある広告についてご紹介していきます。

 

その広告は「ポカホンタス薬」にまつわるもの。

一体どのような内容が書かれているのでしょうか?

ウエスタンランドについて

ウエスタンランドは19世紀のアメリカ西部開拓時代を再現したテーマポートです。

f:id:honopooh-disney:20220515224630j:image

人気アトラクション「ビッグサンダー・マウンテン」があるエリアとして有名ですね。

かつてゴールドラッシュに沸いた鉱山を中心に、のどかで温かみのある町並みが広がります。

 

ゆったりとしたBGMがまた癒しを助長してくれます。

 

「ポカホンタス薬」とは?

今回ご紹介するのは、ウエスタンランドの壁に貼られたとある広告について。

 

パークにはエリアや時代背景に合わせて広告や貼り紙などの演出が施されているのですが、その中にディズニー映画『ポカホンタス』と関連のある興味深い広告があります。

 

広告がある場所

広告があるのはチュロスなどの軽食を販売しているレストラン「ペコスビル・カフェ」向かって右側に少し進んだ先、ウエスタンランドとアドベンチャーランドの境目近く。

f:id:honopooh-disney:20220515224819j:image

木材で作られたこちらの自販機が目印です。

 

こちらの建物にはストーリー上の歯医者さんがあるのですが、その入り口近くにあるこちらの貼り紙が今回の主役です。

f:id:honopooh-disney:20220515224838j:image

一体どのような内容が書かれているのでしょうか。

 

▷▷歯医者さんについてはこちらでご紹介しています。

 

人間にも動物にも効く薬?

広告の太字を読んでみます。

f:id:honopooh-disney:20220515224838j:image

POCAHONTAS

REMEDIES

GOOD FOR MAN OR BEAST

$1.00

ポカホンタス薬

人間と動物用

1ドル

 

「ポカホンタス薬」という万能薬の広告のようですね。

人間のみならず動物にも効くというのは驚きです。

 

ポカホンタスと聞くとディズニー映画『ポカホンタス』を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ポカホンタスはディズニー史上初めて実在する人物を題材に作られた映画で、ネイティブ・アメリカンの娘ポカホンタスがイギリス人の冒険家ジョン・スミスと言葉の壁を越えて恋に落ちる物語です。

 

こちらの薬は身を呈してジョン・スミスを救ったポカホンタスの勇気を称え、それに肖って名付けられたようですね。

 

とんでもない効能がある!?

右上には女性の横顔が小さく描かれています。

f:id:honopooh-disney:20220515225108j:image

こちらの女性はもちろんポカホンタスです。

書かれている文章も読んでみましょう。

POCAHONTAS REMEDIES

90% ALCOHOL

ポカホンタス薬

アルコール90%

 

アルコール90%!?

何やら怪しいにおいがプンプンしますが…。

 

下に書いてある小さな文字はポカホンタス薬が効く疾病や症状についてです。

f:id:honopooh-disney:20220515225411j:image

Guaranteed to cure rheumatism, heartburn, sluggish liver, torpid kidneys, sour stomach, spots before the eyes, whooping cough, hook worm, snake bite, crick in the back, spring sickness, and all other ailments and complaints of the human body.

リウマチ、胸焼け、肝機能の低下、腎臓の不調、胃酸過多、飛蚊症、百日咳、鈎虫症、ヘビ咬傷、ぎっくり腰、五月病、その他すべての人体の病気や症状を治すことを保障します。

 

なんとも統一感のない病名のオンパレード。

内科系から整形外科系まで網羅しており、さらには「その他すべての人体の病気や症状を治すことを保障」とまで言い切っています。

 

こんなにも万能な薬があるのならぜひとも使ってみたいところですが、2022年現在もそのような万能薬が開発されていないことを鑑みると誇大広告の可能性が高いですね…。

 

広告はもう一箇所ある

実はこちらのポカホンタス薬の広告、ウエスタンランドでもう一箇所見ることができます。

 

それはアトラクションウエスタンリバー鉄道乗車中

f:id:honopooh-disney:20220515225443j:image

ウエスタンリバー鉄道は蒸気機関車に乗って熱帯のジャングルやアメリカ西部を巡るアトラクションです。

 

ウエスタンリバー鉄道では道中にスティルウォーター・ジャンクションという廃駅を通過します。

f:id:honopooh-disney:20220515225528j:image

進行方向右手側、赤色と黄色の寂れた建物が目印です。

 

このとき、駅舎の中の壁に注目していると…。

f:id:honopooh-disney:20220515225644j:image

とっても分かりにくいですが、見覚えのあるデザインの紙が貼られています!

 

一瞬で通過してしまうため難易度はとても高めですが、ウエスタンリバー鉄道に乗車した際はこちらの「隠れポカホンタス」探しもしてみては?

 

まとめ

東京ディズニーランドにあるポカホンタス薬の広告のご紹介でした。

何気なく飾られたプロップスですが、興味深い内容が記されていましたね。

 

パーク内にはこのように細やかな意味が込められたプロップスが数多く散りばめられています。

 

ふと目に止まった看板やポスターを読み解いてみると、意外な事実が判明するかもしれませんよ。

 

それでは、良い冒険を!

 

【おすすめ記事】