究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

イベントはことごとく雨に見舞われる…そんな雨女を極めたほのぷーが、大好きなディズニーについてつらつらと綴ります

究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

雨女が教える!雨ディズニーの楽しみ方~東京ディズニーシー編~

f:id:honopooh-disney:20190614083352j:image
こんにちは。

ディズニー大好き雨女のほのぷーです。


せっかくのディズニーが雨予報…。

近場の方はともかく、なかなか遊びに行けない遠方の方は結構ショックですよね。


でも、雨が降っても大丈夫!

充分に楽しめます!

今回は休日の雨天率推定70%以上の雨女ほのぷーが、雨ディズニーの楽しみ方を伝授します。


アトラクションはもちろん、雨の日だけの特典もありますので最後までお見逃しなく!

雨の日は空いている?

「雨の日のディズニーはガラガラ」というイメージをお持ちの方がいらっしゃいましたら、要注意です!


実は、ディズニーランド・ディズニーシーは雨だからといってガラガラに空くということはありません

遠方から宿泊で遊びに行く方が多いため、「雨だから延期する」という方が少ないのです。


「雨だから延期する」ことができる近場のゲストが減ることは事実ですので、閑散期の平日は少し空く傾向があります。

ですが、週末や連休・人気のハロウィン時期などは、ほぼ変わりないと思っていただいた方がよろしいかと思います。


むしろ、屋内のアトラクションやレストランにゲストが集中してしまうため、場所によっては晴れている日よりも混雑します。

また、屋外のショーやパレードが中止になった場合、その分ゲストが分散してアトラクションが混む傾向があります。


それなら、やっぱり雨の日ディズニーはやめた方がいい…?とお思いのあなた!

大丈夫です!攻略法を理解しておけば、雨の日ディズニーを120%楽しむことができます!


それでは早速、雨ディズニーの楽しみ方を具体的に見ていきましょう。

f:id:honopooh-disney:20190614083500j:image

 

雨ディズニーの楽しみ方

上記で述べた通り、雨の日はゲストが一点に集中してしまう傾向があります。

傾向を逆手にとって、効率よく楽しみましょう。

 

アトラクション

雨でアトラクションが休止になる?

f:id:honopooh-disney:20190627182028j:image

雨だと、屋外のアトラクションが止まってしまうのではないかと不安になりますよね。

ですが、ディズニーシーのアトラクションは雨だけで休止になることはほとんどありません

雨で休止になるのは、台風や豪雨レベルの大雨のときに限られます。


それよりも、アトラクションは風の影響を受けやすいです。

特にディズニーシーは海沿いなので、普段から風が強いです。


強風で止まりやすいアトラクションはこのあたりです。

・ヴェネツィアン・ゴンドラ

・レイジングスピリッツ

・ディズニーシー・トランジットスチーマーライン


風速10m~15m以上の強風で一時運営休止になることが多い印象です。


以前、大雨+強めの風(風速10mくらい)の日にディズニーシーへ行きました。

その際、ヴェネツィアン・ゴンドラは休止していましたが、レイジングスピリッツとトランジット・スチーマーラインは動いていました。

上記3つの中ではヴェネツィアン・ゴンドラが最も風の影響を受けやすいと言えるかもしれません。

 

屋内アトラクションでもスタンバイ列に屋根がないものがある

雨の日は屋内アトラクションを中心に回る方が多いと思いますが、乗り物自体は屋内にあっても並ぶのは屋外で屋根がない、というアトラクションがあります。

・ニモ&フレンズ・シーライダー

・マジックランプ・シアター

・トイ・ストーリー・マニア!

・インディ・ジョーンズ・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮


上記はいずれも屋内のアトラクションですが、スタンバイの列(Qライン)が伸びると屋外に並ぶことになります。

アトラクションを待っている間雨に打たれるのは嫌ですよね。

これらのアトラクションは、並ぶ前に列の伸び具合をチェックしてみてください。

 

雨の日におすすめのアトラクション

では、そんな雨の日におすすめのアトラクションとは?

【絶叫系が好きなら】

・タワー・オブ・テラー

・センター・オブ・ジ・アース


【わいわい楽しみたいなら】

・トイ・ストーリー・マニア!

・タートル・トーク


【まったりしたいなら】

・シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

・マーメイドラグーンシアター


【お子様がいるなら】

・マーメイドラグーン内トリトンズ・キングダムエリアの全アトラクション

・キャラバンカルーセル


マーメイドラグーンの室内(アンダーザシー)は冷暖房完備ですので、休憩にはもってこいです。

雨の日はやや混雑しがちですが、夕方以降はかなり空いていることが多く、10分以内でアトラクションに乗れることもあります。

f:id:honopooh-disney:20190627182242j:image

 

ショー・パレード

ディズニーシーのショーといえば、やはりメディテレーニアンハーバーを舞台に行われる水上ショーですよね。

期間限定のショーや、夜のファンタズミック!はぜひとも見たいところです。


ディズニーシーの水上ショーは小雨や弱めの雨であれば「雨バージョン」で実施されます。

キャラクターたちがレインコートを着てのショーとなりますので、通常より特別感が増しますよ。


ただし、強い雨や強風を伴う場合はショー自体が中止になったり、キャラクターのごあいさつのみになります


ディズニーシーの水上ショーは元々水の上で行われることを想定しているため、ディズニーランドのパレードよりは多少中止になりにくい傾向があると感じています。

しかし、アトラクションよりも休止になりやすいことも事実です。


やや強めの雨が降っている場合、水上ショーではなくアメリカンウォーターフロントのブロードウェイ・ミュージックシアターで行われているショー「ビッグバンドビート」がおすすめです。

ミッキーがドラムを叩く姿や、圧巻の歌やダンスが観られます。

 

「アブーズ・バザール」で雨限定グッズをもらう

「アブーズ・バザール」はアラビアンコーストにあるゲームコーナーです。

「アラジン」をイメージした世界観のゲームを楽しむことができ、ゲームクリアできると景品がもらえます。

景品は季節ごとに変わりますが、キャラクターのぬいぐるみやクッションです。

非売品なので、レアですよ!


ゲームは2種類あります。

・コブラの罠

・宮殿への道

どちらもボールを転がして得点を狙うゲームで、1回500円で遊ぶことができます。

1回で4球プレイできるので、4球のうち1球でもクリアできたら景品をゲットできます。


そして、もしクリアできなくても大丈夫!

「コブラの罠」「宮殿への道」には参加賞があります。

参加賞はキャラクターピンバッジです。

こちらも季節ごとにデザインが変わります。

f:id:honopooh-disney:20190614084515j:image

※画像は2018年4月のディズニーランドのゲームコーナー「ジャングルカーニバル」ものです。


そして実は、雨の日限定のピンバッジがあるのです。

f:id:honopooh-disney:20190614083415j:image

※画像は2018年6月のものです。

雨の日ならではのレインコートデザインで、とってもかわいいです。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

雨ディズニーの持ち物

通常の持ち物に加えて、雨の日に必須な持ち物をご紹介します。

・レインコート・ポンチョ

・折りたたみ傘

・タオル(2~3枚)

・ビニール袋

・レインブーツ・長靴


ひとつずつご紹介します。

 

レインコート・ポンチョ

天気予報で降水量1mm/1h 以上の予報が出ていたら、持って行くことをおすすめします。

レインコート・ポンチョの最大のメリットは両手が空くことです。

レインコートやポンチョは着たままグッズを売っているショップにも入れるので、買い物の際も邪魔になりません。

f:id:honopooh-disney:20190627183013j:image
さらに、屋外のアトラクションはレインコート・ポンチョを着たまま乗車することができます

雨の日は屋外アトラクションがかなり空いていることが多いので、小雨になったタイミングを狙ってみてはいかがでしょうか。

 

折りたたみ傘

折りたたみではない普通の傘を持って行く方も多いと思いますが、アトラクションに乗る際かなり邪魔になりますので、あまりおすすめはしません。

折りたたみ傘であれば、雨が止んだらバッグにしまうことができます。

サイズもコンパクトなので、あまりスペースもとりません。


ただし、ディズニーシーは海沿いにあるため、風がかなり強いです。

雨が弱くても風が吹くと、傘をさしていても横から吹き込んできます。

そのため、おすすめの雨具は長めのレインコート+折りたたみ傘のダブル使いです。


降水量が1mm/1h 未満のときは、ディズニーリゾートでも売っているフードタオル+折りたたみ傘もおすすめです。

 

タオル

タオルは雨の日必須アイテムです。

濡れたカバンや身体を拭くために重宝します。

ディズニーリゾート内にもたくさんの種類のタオルが売っていますので、「うっかり持ってき忘れてしまった!」という場合も安心です。

2~3枚以上あるとよいでしょう。

 

ビニール袋

濡れた傘やレインコートを入れるために使います。

アトラクションやレストランに入る際、毎度毎度きれいに畳んでしまうのは大変ですよね。

そんなときは、グループでまとめてひとつのビニール袋に雨具をしまっておけば簡単です。

濡れたタオルを分けるためにも、ビニール袋は最低2枚ほどあるといいと思います。

 

レインブーツ・長靴

忘れがちかもしれませんが、靴は非常に重要です。

「小雨だからきっと大丈夫!」と普通のスニーカーで行くと、雨が強くなり靴下までびしょ濡れ…ということもあります。

舞浜は海沿いで天気が変わりやすいので、小雨だからといって油断しない方が無難です。


今はショート丈の長靴やおしゃれなレインブーツもたくさん売っているので、雲行きが怪しそうであれば早めに準備しておくと安心です。

f:id:honopooh-disney:20190627183036j:image
もしどうしても準備が間に合わない場合は、防水スプレーで靴をコーティングして行きましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ブログタイトルに「雨女」とつく程の雨女である私が、雨の日ディズニーの楽しみ方について考えてみました。

雨の日に何度もディズニーに行った中で体感したことを元に書きましたので、参考になれば幸いです。


・天気予報が雨だからといってガラガラに空くことはほぼない

・通常より屋内のアトラクションやレストランが混雑しやすいため、待ち時間をチェックしながら早めに行動する

・雨でアトラクションが止まる可能性は低いが、強風で止まりやすいものがあるので注意!

・雨具はレインコートまたはポンチョ+折りたたみ傘のダブル使いがおすすめ


特に梅雨の時期は雨に当たることが多いですよね。

しっかり対策して、雨の日ディズニーを楽しみましょう!


それでは。

 

【おすすめ記事】