究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

イベントはことごとく雨に見舞われる…そんな雨女を極めたほのぷーが、大好きなディズニーについてつらつらと綴ります

究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

【豆知識】ウォーターフロントパークの英語に隠された意味とは?

f:id:honopooh-disney:20210131141239j:image
こんにちは。

ディズニー大好き雨女のほのぷーです。


今回は東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにある公園・ウォーターフロントパークにある様々な英語を解読していきたいと思います。


背景に馴染んでいる何気ない英語の中にも、時代背景とのつながりを感じる単語や素敵なフレーズが隠されています。

それでは早速見ていきましょう。

 

ウォーターフロントパークについて

アメリカンウォーターフロントの舞台は20世紀初頭

中でもニューヨークの街並みを表現したニューヨークエリアは陽気なBGMと豪華な建物が印象的です。


そんな活気溢れる街の中心に広がるのがウォーターフロントパークという公園です。


ウォーターフロントパークがあるのはアトラクション「タワー・オブ・テラー」がある建造物ホテル・ハイタワーの前。

f:id:honopooh-disney:20210131141323j:image

シーズンイベントに合わせた装飾物が飾られたり、夏場はお子様たちの水遊びの場になったりしていますね。

以前は特設ステージが組まれショーが開催されたりもしていました。


ウォーターフロントパークのバックグラウンドストーリーや豆知識についてはこちらの記事でご紹介しています。

ご興味のある方はぜひこちらもあわせてご覧くださいませ。

 

ウォーターフロントパークの英語

それでは本題です。

ウォーターフロントパークにある英語をピックアップして解読していきます!

 

公園の生い立ち

ウォーターフロントパークの入口には、このようなプレートがあります。

f:id:honopooh-disney:20210131141338j:image

WATERFRONT PARK

DEDICATED TO THE CITIZENS

OF  NEW YORK 1873

ウォーターフロントパーク

ニューヨーク市民に捧げる 1873年


公園は1873年に設立されたのですね。

アメリカンウォーターフロントの舞台は1912年とされていますので、40年近く前に作られた公園のようです。

 

ガゼボに記されたメッセージ

公園内には丸屋根のガゼボがあります。

f:id:honopooh-disney:20210131141703j:image

何やら英文が書いてありますね。


Friendship is a sheltering tree

友情は雨宿りの樹


激しい雨が降っていても、木は雨よけの場所を作ってくれるもの。

友情は悲しみや苦しみから守ってくれるものという意味のようです。


とても素敵なフレーズです。

 

ニューヨークを支えたエンタメ

ウォーターフロントパークの壁の上部には複数の英単語が書かれています。

f:id:honopooh-disney:20210131141939j:image


書かれている英単語と意味はこちら。

  • ART … 芸術
  • MUSIC … 音楽
  • DANCE … 踊り
  • COMEDY … 喜劇
  • TRAGEDY … 悲劇
  • THEATRE … 劇場


これらに共通するのは、いずれもエンターテイメントにまつわる言葉であるということです。

ウォーターフロントパークはブロードウェイに程近いこともあり、エンタメは市民の生活を支えるものとして大切にされていたのでしょうね。

 

「MDCCLXXIII」が表すもの

公園の壁には、このような文字も記されています。

f:id:honopooh-disney:20210131142109j:image

アルファベットの羅列ではありますが、このような英単語はありません。

おそらくこれは、ローマ数字を表しているのだと思います。


数字に置き換えてみると…

M → 1000

DCC → 700

LXX → 70

III → 3


導き出される数字は「1773」。

おそらく1773年という意味ではないでしょうか。


ウォーターフロントパークの設立は1873年なので、公園ができるちょうど100年前の年号が刻まれていることになります。

「MDCCCLXXIII(1873)」を「MDCCLXXIII(1773)」と間違えた?とも考えたのですが…。

こんなにも大々的なミスをするのは考えにくいです。


1773年のニューヨークで起きた出来事を調べてみたのですが、下記2つくらいしか見つかりませんでした。

  • 5月 茶法成立
  • 12月 ボストン茶会事件


茶法は当時アメリカを植民地としていたイギリスが、東インド会社にアメリカへの茶の専売権を与えた法律です。


そして茶法の成立によって起こったのがボストン茶会事件。

イギリスの植民地政策に憤慨したボストンの人々が港に停泊中の貨物船に侵入し、東インド会社の茶箱を海に投棄したという事件です。

後にアメリカがイギリスから独立するきっかけになったとも言える出来事でした。


アメリカにとって1773年は革命の年で大切な一年であったことは間違いありませんが、他の壁に記されているエンターテイメントとは全く別ジャンルであり、共通点が見つかりません。


また、上記でご紹介した他の英語はどれも一箇所ずつしか書かれていないのですが、MDCCLXXIIIは複数箇所に書かれています

取り分け大切なものであるようなので、引き続き研究してみたいと思います。

何かご存知の方がいらっしゃいましたらお知らせいただけると嬉しいです…!

 

まとめ

ウォーターフロントパークにある英語の解読でした。


この記事を書こうと思ったのは「Friendship is a sheltering tree」という素敵なフレーズに魅かれたからだったのですが、予想外にも色々な言葉が隠されていることが知れて私も楽しかったです。


ディズニーリゾートでは様々な場所に素敵なフレーズやユニークな単語が隠されています。

ふと目に止まった英語を訳してみると、意外な発見があるかもしれません。


それでは、良い旅を!


【おすすめ記事】