究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

イベントはことごとく雨に見舞われる…そんな雨女を極めたほのぷーが、大好きなディズニーについてつらつらと綴ります

究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

ホテル・ハイタワーだけじゃない!TDSにある宿泊できないホテル3選

f:id:honopooh-disney:20210823172110j:image
こんにちは。

ディズニー大好き雨女のほのぷーです。


東京ディズニーシーの中にあるホテルといえば、何でしょうか。

おそらくほとんどの方が東京ディズニーシー・ホテルミラコスタを思い浮かべるのではないでしょうか。


ですが、東京ディズニーシーの中にあるホテルはミラコスタだけではありません。

実はパークの中にミラコスタ以外のホテルが3つ存在しています


今回はそんな「ゲストが宿泊できないホテル」についてご紹介していきます。

 

TDS内の宿泊できるホテル

本題に入る前に、まず軽く「宿泊できるホテル」についてご紹介したいと思います。


東京ディズニーシーの中にあるホテルといえば、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタです。

f:id:honopooh-disney:20210823164419j:image

東京ディズニーリゾート初のパーク一体型ホテルとして、2001年9月4日の東京ディズニーシーグランドオープンと同時に開業しました。


イタリアンクラシックを基調とした上品で上質な装飾が施された内装は、どこを切り取ってもお洒落です。

f:id:honopooh-disney:20210823164512j:image

そしてミラコスタの一番の魅力は何と言ってもパークの中に宿泊できること。


レストランや一部の客室からはパークを一望でき、パークでの余韻をそのままにくつろぐことができます。

f:id:honopooh-disney:20210823164822j:image

お値段はディズニー公式ホテルの中でも少々お高めですが、誕生日や記念日などの特別な日のお祝いにふさわしいホテルです。


そして個人的には、ディズニー好きな彼女(彼氏)へのプロポーズ場所にとってもおすすめです!


【関連記事】


ホテル内にはレストランやお土産ショップも併設されています。

宿泊のハードルが高いという方は、レストランのみの利用もおすすめです。


記念日のお祝いにピッタリなプレシャスセレブレーションセットもありますので、ぜひご活用くださいませ。


▶︎東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの予約はこちら

 

TDS内の宿泊できないホテル

さて、それではここから本題の「宿泊できないホテル」についてご紹介していきます。


東京ディズニーシーには下記3つのホテルがあります。

  • ホテル・ハイタワー
  • セーラーズ・アームズ・ホテル
  • セーフヘブン・セーラーズホーム

それでは一軒ずつ見ていきましょう。

 

ホテル・ハイタワー

ホテル・ハイタワーは、アメリカンウォーターフロントにあるアトラクション「タワー・オブ・テラー」の舞台になっているホテルです。

3つのホテルの中で最も知名度が高いホテルではないでしょうか。

f:id:honopooh-disney:20210823165426j:image

ホテル・ハイタワーはアトラクションにも登場するハリソン・ハイタワー三世がオーナーを務めていたホテルです。

彼はとても強欲で、世界中を旅しては価値のある骨董品や美術品を強奪しホテル内のあちらこちらに飾っていました。

f:id:honopooh-disney:20210823172102j:image

その後ハイタワー三世が謎の失踪を遂げたことによりホテルは閉館し、13年もの間閉鎖されていました。


そしてアメリカンウォーターフロントの舞台である1912年。

ニューヨーク市保存協会によるタワー・オブ・テラーのツアーが開かれることになったのですが、建物内には現在もホテルだった頃の面影が数多く残されたままになっています。


特にロビーフロアではフロントカウンターやエレベーター、レストランなどホテル時代に使われていたものがそのまま残されている様子を見ることができます。

f:id:honopooh-disney:20210823165739j:image

ロビーには手入れができず枯れてしまった植物やソファに脱ぎ捨てられたままのコートなどもありますので、タワー・オブ・テラーに乗車する際はぜひ探してみてくださいね。


▷▷タワー・オブ・テラーにまつわる豆知識はこちらでもご紹介しています。

こちらもぜひあわせてご覧くださいませ。

 

セーラーズ・アームズ・ホテル

続いてご紹介するのは、セーラーズ・アームズ・ホテルというホテルです。


タワー・オブ・テラーからもほど近いウォーターストリートという通り沿いにあります。

ウォーターストリートは旧市街地のためレンガ造りの建物が多く、外壁は所々色あせています。


そんな中で一際目を引く大きな女神の船首像。

f:id:honopooh-disney:20210823170355j:image

女神像には大きく「ROOMS」と書かれています。

そう、この建物がセーラーズ・アームズ・ホテルです。

f:id:honopooh-disney:20210823172046j:image

Sailor’s Arms Hotelは船員のためのホテルという意味です。


大きな港があるニューヨークでは、世界中のたくさんの船が往来しています。

こちらのホテルは、そんな船乗りのためのホテルのようですね。

f:id:honopooh-disney:20210823170953j:image

窓には様々な謳い文句が書かれています。

部屋はとても綺麗で、全てのお部屋でお湯が出るそうです。

そしてお値段は1泊25セント

f:id:honopooh-disney:20210905193955j:plain

三階には空部屋もあるようですので、泊まりたい方はノックをしてみては?笑

 

セーフヘブン・セーラーズ・ホーム

最後にご紹介するのはアメリカンウォーターフロントにあるエリア:ケープコッドにあるホテルです。

f:id:honopooh-disney:20210823171235j:image

ケープコッドはのどかでゆったりとした雰囲気が印象的な田舎の港町です。

近年はダッフィーたちの住む町としても有名ですね。


▷▷ケープコッドについてはこちらでご紹介しています。


そんなケープコッドにあるホテルがセーフヘブン・セーラーズ・ホームです。

f:id:honopooh-disney:20210823171515j:image

ケープコッドのメイン通りであるピーコッド・ストリート沿いにあるのですが、建物の奥側にあるので少しわかりにくいです。


ウォーターストリートのセーラーズ・アームズ・ホテルと名前が似ていますが、実はこちらも船員のための宿泊所なのです。

「Hotel」ではなく「Home」と名付けられていることから想像するに、こちらもお手頃価格で宿泊できるホテルなのでしょうね。


ケープコッドは漁が盛んな港町。

大都市のニューヨークほどではありませんが、たくさんの船が往来しています。

セーフヘブン・セーラーズ・ホームはケープコッドへやって来た船員たちのためのホテルなのです。

f:id:honopooh-disney:20210823171558j:image

看板の下にはこのようなメッセージが書かれています。

“Time To Drop Anchor Here”

いかりを降ろして過ごしてください


長い船旅を乗り越えて来た船員たちを敬う素敵な言葉です。

ケープコッドはこうした細かい部分で住人たちの温かさを感じることができます。


小さな村の小さな宿泊所。

ケープコッドに訪れた際は、ぜひ探してみてくださいね。

 

まとめ

東京ディズニーシーにある宿泊できないホテルのご紹介でした。

皆さんが泊まってみたいホテルはありましたか?笑


ゲストが立ち入れない建物にも細やかなこだわりがあり、ストーリーがあります。

パークに訪れた際はそんなところにも目を向けて楽しんでみてください。


パーク内には他にもホテルの広告らしきものがありますので、きっと見えないところにもホテルがあるのでしょう。

そんな想像を膨らませながらお散歩するもの楽しいですよ。


それでは、良い旅を!


【おすすめ記事】