究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

イベントはことごとく雨に見舞われる…そんな雨女を極めたほのぷーが、大好きなディズニーについてつらつらと綴ります

究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

【インパ日記】ショー4つを制覇しよう!抽選が当たりやすい時間帯がある!?

f:id:honopooh-disney:20191004191717j:image
こんにちは。

ディズニー大好き雨女のほのぷーです。


先日、久し振りに一日ディズニーシーへ行ってきました。

朝から夜までいたのはミラコスタに宿泊した9月3日以来、ちょうど1ヶ月振りです。

年パスを持ってから一日インしている日はめっきり減ってしまったので、かなり疲れました…(笑)

今回はそんな一日のインパ日記です。

インパ日記~2019.10.02~

天気:晴れ

お供:彼氏、ダッフィーたち

ずっと雨予報だったのでイン自体やめようと思っていましたが、直前になり晴れ予報に変わったので急遽インしてきました!

最近は本当に天気予報がコロコロ変わりますね。

イン予定の日が雨予報でも諦めずに変わるのを待ってみましょう(笑)

 

インしたらまずは抽選!年パスは当たりにくい!?

東京ディズニーシーでは2019年10月現在、3つのショーが抽選対象になっています。


・フェスティバル・オブ・ミスティーク

・ビッグ・バンド・ビート

・ソング・オブ・ミラージュ


ショー抽選はディズニーリゾート公式アプリまたはパーク内にある抽選所ビリエッテリーアで行うことができます。

抽選の当落によって一日のスケジュールも変わってくると思いますので、抽選をする場合はインしたあと早めに抽選することをオススメします。

f:id:honopooh-disney:20191004191801j:image

この日ももちろん抽選しました。

結果は…

フェスティバル・オブ・ミスティークとソング・オブ・ミラージュは落選ビッグ・バンド・ビートは当選でした!

この日に限ってはソンミラが当たって欲しかった…というのが本音ですが、贅沢言っちゃいけません。

全滅でなくてよかったです。

 

年パスは抽選に当たりにくいってホント?

ちなみに私は前回、前々回とソンミラとBBBを当てていますが、年パスを一緒に作った彼氏はこの日が初当選。

10回以上連敗していましたが、ようやく当たったみたいです。


「年パスは抽選に当たりにくい」という噂がありますが、私は全く関係ないと思います。

ワンデーパスポートのときも当たるときは当たりましたが、もちろん外れることも多かったです。

つまりは、運です。


ただし、私は多少当選確率をアップさせるかもしれない「当たりやすい条件」があると感じていますので、ご紹介します。

 

少しでも当選確率をあげたい!当たりやすくなる条件とは?

微々たる確率だと思いますが、私が個人的に「当選確率が上がる」と感じている条件は2つあると思っています。

それはズバリ、

・抽選所で周りが当たっているときは当たりやすい

・締め切り間近に限り複数人より一人の方が当たりやすい

です。

ひとつずつご紹介します。


①抽選所で周りが当たっているときは当たりやすい

これは本当です。

抽選所に行くと、周りで抽選している方の音が聞こえてきますよね。

当たりだと「♪︎シャララララーン」という明るい音が、外れだと「♪︎トゥルルルルン」というとても悲しい音がします。

この音が元になり、抽選に落ちたことを「トゥルった」という造語ができたようです。

f:id:honopooh-disney:20191004192227j:image

「抽選確率はいつやっても変わらないんじゃないの?」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、実は時間帯によって当選確率がかなり変わります

「何時から何時は当たりやすい」という明確なものではないのですが、実際に当たりやすいときと当たりにくいときがあります。


その秘密はディズニーの抽選システムにあります。

抽選は「ランダムに当選者を出し、抽選締め切り時間までに当選残数を0にする」というシステムの元で行われています。

つまり、残りの当選座席数や残りの抽選時間によって自動的に当選確率を変動させて抽選締め切り時間までにすべての当選座席をさばき切る仕組みになっているのです。


過去の来場者データを元にコンピュータが抽選者数を予測し、当日リアルタイムで残数をなくすようコントロールされているようです。

つまり、言ってしまえばディズニーの抽選は「平等」ではないのです。


今はディズニー公式アプリで手軽に抽選できますが、時間に余裕がある方はぜひ抽選所で抽選してみてください。

周りで当たりが多数出現していたら、それはおそらくフィーバータイムです。

私も以前フィーバータイムに当たり、全当選したことがありました。

 

【関連記事】


フィーバータイムを予測するのは困難ですが、予測していた抽選者数より実際の抽選者数が減った場合に当選確率が上がります

急に天候が変わった日やアプリでの抽選ができなくなったとき等はチャンスですので、ぜひ狙ってみてください!


② 締め切り間近に限り複数人より一人の方が当たりやすい

f:id:honopooh-disney:20191004192415j:image

こちらもディズニーの抽選システムが大きく関係しています。

ショー抽選は公演開始の45分前まで抽選することができますが、すべての座席をさばききらなければいけない関係で締切間近は一人の方が当たりやすくなると予想できます。

残りの残数が少なくなるので、子数が少ない方が当たりやすくなります。


逆に大人数で行く場合は、早い時間に抽選した方が当選確率が上がる気がします。

確証はありませんが、周りの方を見る限り遅い時間にグループで当選している姿は見たことがありません。

私は気分的にも、早い段階で抽選することをオススメします!笑

 

フェスティバル・オブ・ミスティークは初めてザンビ前で鑑賞!

フェスティバル・オブ・ミスティークは2019年に新しく始まった新規ハロウィーンプログラムです。

メディテレーニアンハーバーに面する港町ポルト・パラディーゾを舞台に妖艶な魔女やミッキーたちがハロウィーンの祝祭を開催します。

f:id:honopooh-disney:20191004192457j:image

メインショーを行っているステージは3箇所あります。

・ミッキー広場

・リドアイル

・ザンビーニ・リストランテ前


このうち、ミッキー広場とリドアイルは抽選対象エリアとなっています。

※初回公演は全エリア抽選はありません。


フェスティバル・オブ・ミスティークについてはこちらでまとめています。

 

ザンビ前は抽選なしで唯一キャラクターの上陸がある!

ザンビーニ・リストランテ前(通称:ザンビ前)はメインショーが見られる唯一の抽選対象外エリアです。

こちらでは主役のセイリーンや多数のダンサーさんを間近で見られるだけでなく、ドナルド・グーフィー・チップ・デール・クラリスが上陸しますので、キャラクターを見たい方にもオススメです。

特にドナルドは冒頭でおよそ10分間もの間上陸します。

ドナルドファンにはとっておきの場所で間違いないでしょう。

f:id:honopooh-disney:20191004192723j:image

ザンビ前には上陸しないミッキー、ミニー、プルート、デイジーも船上でばっちり鑑賞できました!

ステージ向かって左側は比較的船が近くまでやって来るので、色々なキャラクターを見たい方はステージ左側を狙うのもありだと思います。

 

30分前でもガラガラ!?空いている日の場所取りについて

この日は「やや混雑」予想の日でしたが、比較的空いていてショー待ちをするゲストもかなり少ない印象でした。

ショー開始30分前でミッキー広場左側のスロープは最前列が埋まっておらず、ザンビ前もステージ左側の石垣エリアは立ち見2列目がかなりスカスカの状態でした。

これほど空いている日はハロウィーンが始まってから初めてです。


ステージ向かって左側に石垣がありますが、こちらは石垣の上に座って鑑賞できます。

地べたに座るより遥かに楽なので、時間に余裕のある方は石垣を狙うのもありだと思います。

ショー待ちのおしりの痛みを多少和らげてくれるでしょう(笑)


石垣は座り見なので、その後ろの立ち見は視界を遮るものがなく、かなり快適にショーを観ることができます。

ステージでのショーを正面から見たい方はステージ前の座り見エリアを狙うことをおすすめしますが、あまりショー待ちする時間がない方はぜひ石垣後ろの立ち見を狙ってみてください。

このとき、なるべく右寄りを選んだ方がステージも見やすくなりますよ。

f:id:honopooh-disney:20191004192918j:image

 

ソング・オブ・ミラージュは初めて自由席で鑑賞!何時間前に行けばいい?

f:id:honopooh-disney:20191004192937j:image

ソング・オブ・ミラージュは2019年7月23日よりロストリバーデルタのハンガーステージで新しく始まったショーです。

プロジェクションマッピングを中心にかなり演出に力を入れているので、まるでライブのような迫力もあり大人気のショーとなっています。

ミッキー、ミニー、ドナルド、グーフィーも出演するので、お子様にもおすすめです。

 

詳しくはこちらでまとめています。


ソンミラは全公演が抽選対象です。

しかし、人気なショーだけに抽選に当選するのもかなり困難です。

私も7回目でようやく当選しました。

f:id:honopooh-disney:20191004193023j:image

今回ももちろん外れてしまったのですがどうしても見たかったので、初めて自由席で鑑賞してきました。

しかし自由席こそ、抽選以上に狭き門なのです。

空いている平日で1時間半前、土日などの混んでいる日は2時間以上前にラインカット(整列を打ち切ること)になります

それもそのはず、ソンミラの自由席はわずか100席しかありません…。

難関すぎます…。

 

2時間前から並んでみた!思ってた程つらくない!その理由は?

14:00~の3回目公演を鑑賞するため、早めのお昼を済ませた後12:00過ぎに並びました。

自由席の列はハンガーステージ向かって右側で作っていました。

この時点で前から20番目くらいです。

「あれ?意外と空いてる…?」と思ってのですが、私たちが並んだ後も着々と人が増え1時間20分前の13:40頃にはラインカットしていました。

自由席は座り見と立ち見がありますが、座り見の方が早く埋まるので座り見希望の方は気持ち早めに並びましょう


自由席に並んだ場合、途中で場所の移動があります。

そのため、体感ではさほど長く感じませんでした。


①2時間前~1時間30分前

ハンガーステージ向かって右側のベンチに沿って並びます。

ここでは座って待つことができたので、全く疲れませんでした。


②1時間半前~40分前

12:30すぎになるとハンガーステージ前へ移動しました。

ここでは列を作ったままの状態でレジャーシート等を広げて待つことができます。

体感で「待つ」のはここだけです。

ここを乗り越えれば冷暖房完備の会場内へ入ることができます!


③40分前~

開場時間40分前の13:20頃会場内へ案内されました。

冷房が聞いていて快適です。


というわけで、2時間前から並びましたがそのうち地面に座って待ったのは50分弱でした。

そのため、苦痛を感じることもなくあっという間に感じました。

これから涼しくなってきたら、より並びやすくなるのではないかと期待しています。

真冬は逆につらそうですが…。


前後の公演時間等により待ち時間や移動のタイミングは変わってきますので、詳しくは現地で確認してくださいね。

 

自由席は並んだ順に好きな場所を選べる!

ソンミラの自由席は座り見がステージ向かって左側後方4列、立ち見がステージ左右の最後列1列です。


入場が始まると列のまま会場内へ入り、先着順に好きな場所を選ぶことができます。

座り見の中央通路寄りから埋まっていく印象でした。

私は自由席3列目の中央寄り2つめの席を選びました。

中央通路は演者さんが通るので、かなり迫力を感じられます。

中々の良席でした。

 

ビッグ・バンド・ビートは私の中で圧倒的な当選率の高さ!今回も当選

この日当選したことにより、3連勝となりました。

3回連続で当たるなんて、初めてです。

4回目公演を鑑賞しましたが、いつもはもっと早い時間の公演を観ることが多いのでなんだか新鮮でした。

ミッキーのドラムがいつにも増して力強く迫力があり、かっこよかったです!


公演が終わり外に出ると、辺りは暗くなり街並みが綺麗にライトアップされていました。

f:id:honopooh-disney:20191004194548j:image

ブロードウェイ・ミュージックシアターもライトアップされてきらびやかに大変身!

近くで見ると存在感も倍増です。

 

ファンタズミック!鑑賞でショーを制覇!の予定を変更?

ファンタズミック!はハーバーを舞台に繰り広げられるナイトショーです。

2020年3月25日を持って公演終了することが発表されているため、昨今は以前にも増して人気のショーとなっています。

f:id:honopooh-disney:20191004194634j:image

この日はファンタズミック!を観て帰る予定でした。

しかし、久し振りの開園待ち+ショー待ち+アトラクション疲れにより、急遽ファンタズミック!を鑑賞せずに帰ることにしました。

ファンタズミック!はまたの機会に観ます!

 

まとめ

ショーについて詳しく書いてきましたが、実はアトラクションも乗ったりと中々充実した一日を過ごしました。

トイ・ストーリー・マニア!のフォストパスも2回発券できたので、かなり空いている日だったようです。

トイマニは惜しくも18万点代で、目標の20万点には到達できませんでした。

次こそリベンジ!


これから涼しくなってきてショー待ちするにはもってこいの季節になりますね。

普段はアトラクション派の皆様も、たまにはショーを観てみてくださいませ。

新しい感動があるはずです!


それでは。


【おすすめ記事】