究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

イベントはことごとく雨に見舞われる…そんな雨女を極めたほのぷーが、大好きなディズニーについてつらつらと綴ります

究極雨女ほのぷーのディズニー放浪記

ダッフィーのコスチュームコンテストとは?グリーティング施設に隠された豆知識

f:id:honopooh-disney:20220206134251j:image
こんにちは。

ディズニー大好き雨女のほのぷーです。


細やかな演出やバックグラウンドストーリーでゲストを深く楽しませてくれる東京ディズニーリゾート。

一見気づかないようなところに隠されたストーリーを見つけると、何気ない風景が変わって見えるものです。


今回はそんな細やかなこだわりの中から東京ディズニーシーにあるヴィレッジ・グリーティングプレイスのとあるプロップスに焦点を当ててご紹介していきます。


かつてはダッフィーのグリーティング場所として、2022年2月現在はシェリーメイのグリーティング場所として使われているこの場所には、一体どのようなストーリーが隠されているのでしょうか?

ヴィレッジ・グリーティングプレイスについて

東京ディズニーシーの左側に広がるテーマポート:アメリカンウォーターフロント。

賑やかなニューヨークエリアを通り抜けた先にあるのどかな田舎の町並み。

f:id:honopooh-disney:20220205232331j:plain

こちらが小さな漁村のケープコッドです。


そんなケープコッドの一角にあるこちらの建物がヴィレッジ・グリーティングプレイスです。

f:id:honopooh-disney:20220206134429j:image

ここでは2022年2月現在、シェリーメイがグリーティングを行っています。


かつてはダッフィーのグリーティング場所として使われていたこともあり、施設内では様々な場所でダッフィーにまつわるプロップスを見ることができます。


今回は中でもダッフィーの可愛らしいコスチュームが展示されている「コスチュームパレード」のブースについてご紹介していきます。


▷▷グリーティングプレイスにある棚のプロップスについてはこちらでご紹介しています。

 

コスチュームパレードについて

それでは、早速コスチュームパレードについてご紹介していきます。

 

アルゴンキンウーレン

コスチュームパレードが展示されているのはヴィレッジ・グリーティングプレイスに入ってすぐのところにあるこちらの棚。

f:id:honopooh-disney:20220206134701j:image

展示棚の上部に書かれている「ALGONQUIN WOOLENS」は直訳するとアルゴンキンの毛織物という意味ですが、ケープコッドに同名の工場があることから毛織物を扱うメーカー名であると推察します。

 

f:id:honopooh-disney:20220304165439j:plain

コスチュームパレードの後援企業なのでしょうか。


「アルゴンキン」というのは北アメリカの先住民族のことを指します。

ケープコッドにはアルゴンキン族の血を引く人物がいたかもしれませんね。

 

展示されているのは受賞作品!

棚の背景には「FRIENDS OF DUFFY COSTUME PARADE」という幕が掛けられています。

直訳するとダッフィーの友達によるコスチュームパレードという意味で、ここではダッフィーのコスチュームコンテストである「コスチュームパレード」の受賞作品を見ることができます


一体どのような作品なのか、ひとつずつ見ていきましょう。

 

華やかなドレス

一番右側にあるのはフリルがふんだんに盛り込まれた黒いドレスです。

f:id:honopooh-disney:20220206134818j:image

余所行きにふさわしい、ドレッシーな雰囲気です。


コスチュームの手前にある紹介文にはこのように書かれています。

f:id:honopooh-disney:20220206135055j:image

MISS.MERTIE PEABODY

WORKS DAYS AT HER FAMILY'S

BOOK-BINDING ENTERPRISE.

IN THE EVENINGS, SHE RELAXES BY

SEWING EXQUISITE FORMAL CLOTHING.


DUFFY'S STYLISH VELVET SUIT WOULD

BE THE ENVY OF ANY WELL-DRESSED

CAPE COD YOUTH AND IS A

PRIZE WINNING EXAMPLE OF HER WORK.

マーティー・ピーボディーさん

家族で製本企業を経営しています。

仕事が終わって夕方から衣装を縫う時間、それが彼女にとってリラックスできる時間です。


ダッフィーのスタイリッシュなベルベットスーツは、ケープコッドのオシャレな若者たちの羨望の的になるでしょう。


ベルベットスーツはフォーマルを代表するウェアのことです。

小さな村であるケープコッドでこんなにオシャレをしていたら、ダッフィーは確かに注目の的になるでしょうね。

 

寒い冬に欠かせないニット

お隣にあるのはブルーとレッドの2色で作られたニットのコスチュームです。

f:id:honopooh-disney:20220206135202j:image

手編みのぬくもりを感じられる作品です。

トップスにあわせて作られた帽子とマフラーもとてもいい風合いを醸しています。


こちらも説明文を見てみましょう。

f:id:honopooh-disney:20220206135335j:image

MRS.TOWNSEND SYDEBURNS

LEARNED THE ART OF KNITTING AT

HER GRANDMOTHER'S KNEE. NOW THE

YOUNG BRIDE AND HER HUSBAND SPEND

QUIET EVENINGS AT HOME WHILE SHE

PRACTICES HER KNITS AND PURLS.


DUFFY'S COMFY SWEATER SET WILL KEEP

HIM WARM ON THE COLDEST CAPE COD

MORN AND IS A PRIZE WINNING EXAMPLE OF HER WORK.

タウンゼンド・サイドバーンズ夫人

彼女は祖母の膝の上で編み物を学びました。

そんな彼女は現在新婚の夫と過ごしています。

今は皆が寝静まった夜、編み物の練習をしているそうです。


とても暖かいこのセーターセットは、寒い冬を迎えるケープコッドでもダッフィーを温めてくれることでしょう。


幼い頃から祖母が編み物をする様子を見て育ったサイドバーンズ夫人。

今は愛する人と幸せな生活を送っているようですね。

写真からも夫婦の仲睦まじい様子がうかがえます。

 

オシャレな冬コート

続いてはこちらのコスチュームです。

f:id:honopooh-disney:20220206135421j:image

シンプルなデザインでありながらクラシカルで機能的な冬コートです。

丸い襟と大きなボタンがオシャレですね。


説明文にはこのように書かれています。

f:id:honopooh-disney:20220206135523j:image

MRS.QUIMBY KINDERHOOK

IS KNOWN THROUGHOUT CAPE COD

FOR THE ARTISTRY OF HER

HAND STITCHED CLOTHING AND QUILTS.


DUFFY'S WINTER COAT-THE

FABRIC CAME FROM AN OLD PAIR OF

MR.KINDERHOOK'S TROUSERS — IS A

PRIZE WINNING EXAMPLE OF HER WORK.

クインビー・キンダーホック夫人

彼女が作る手縫いの衣装とキルトはケープコッド中の人々が知っています。

彼女は素晴らしい芸術の持ち主です。


このダッフィーのコートは昔作ったズボンの生地をリメイクして作りました。


なんとこちらの衣装は古着をリメイクして作られたそうです。

写真に写っているのはお子様でしょうか?

夫人の温かさや高い技術はきっと娘さんにも受け継がれるのでしょうね。

 

流行りのノーフォークジャケット

最後にご紹介するのは胸元の大きなリボンが目を引くこちらのコスチュームです。

f:id:honopooh-disney:20220206135656j:image

カッチリした服にちょっとした遊び心をプラスした、都会のオシャレさんが着ていそうな衣装ですね。


説明文を解読してみましょう。

f:id:honopooh-disney:20220206135700j:image

MRS. CLIFTON TATTERSMACK

IS THE NOTED INSTRUCTOR OF

ARCHERY AND SEWING SKILLS AT THE

CAPE COD FEMALE SEMINARY.


SHE ASSUREDLY HITS THE TARGET

WITH DUFFY'S STURDY

NORFOLK JACKET. IT IS IS A

PRIZE WINNING EXAMPLE OF HER WORK.

クリフトン・タッタースマック夫人

彼女はケープコッドの女性神学校においてアーチェーリー技術と裁縫スキルが高いと有名な著名インストラクターです。


彼女の作った頑丈なノーフォークジャケットは確実にヒットするでしょう。


女性神学校は女性の学術教育を支援するための学校で、女性向けの教育機関が不足していた19世紀から20世紀初頭に見られました。

女性進出の先駆けであったこの時代、そんな中で働く彼女だからこそ不易なものに捉われず目新しいオシャレな衣装を思いついたのかもしれませんね。

 

まとめ

ヴィレッジ・グリーティングプレイスで見ることができるダッフィーのコスチュームパレードについてご紹介させていただきました。


どれもグッズ化して欲しいほど可愛らしく凝ったコスチュームでしたね。

皆さんのお気に入りはありましたか?


作者のエピソードからもケープコッドの住人たちの温かさが伝わってくるような素敵なプロップスでした。


ケープコッドにはこのような心がほっこりするようなプロップスが数多く隠されていますので、ぜひそんなポイントを探して歩いてみてください。


それでは、よい旅を!


【おすすめ記事】